ブログリリース事例構築事例

【構築事例】「混雑状況ボード」安心・安全にご利用いただくために混雑状況を公開

構築事例「混雑状況ボード」のご紹介です。

東急スポーツオアシスでは、 お客様とスタッフの安心・安全を第一 に考え、「新型コロナウイルス感染拡大防止」のための対策と、3つの密(密集、密接、密閉)を避けながら、お客様の健康人生に寄り添えるようサービスを提供いたします。

その一環として、 リアルタイムに混雑状況を可視化しホームページに公開 しました。

  • 公開:現在の混雑状況を知ることができる「館内の利用率」
  • 公開:男女別の「ロッカーの利用率」
  • 社内:蓄積したデータを社内分析用に可視化
  • この取り組みより、 お客様自らが3密を回避した運動時間を選択 できるようになりました。

    「館内利用状況」の表示は、ロッカー稼働率を基準とし「少ない」「普通」「やや多い」「多い」の四段階で利用状況を可視化し、独自のシステムを用いて15分毎に自動更新します。これにより、お客様は利用状況を事前に把握することができるので3密を回避し”安心・安全な空間”で、運動を行っていただけます。※ロッカー稼働率について(6月1日現在):感染防止対策として、通常使用可能なロッカーの数を約半分に制限した数で算出しています。

    今後も、お客様が安心してご利用いただける環境作りや様々なシステムを活用する事で、安心・安全におこなえるフィットネス空間を提供して参ります。

     
    また、こちらのサービスは既に複数のお客様でご利用いただいております。
    各社様の営業再開に向けて迅速に構築させていただき、大変ご好評いただいております。
    ご提案から導入・運用サポートまでお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
     
    お客様のお持ちのデータとアイデアを繋ぐお手伝いをさせていただければ幸いです。

    BeesConnect -Connect Your Ideas-

     
    お気軽にお問い合わせください
    お問い合わせはこちら  
     
    サービスサンプル一覧